投資顧問を選ぶ方法

投資顧問のアドバイスを受けて、株式投資したいけど、沢山ありすぎてどの投資顧問を選べばいいのかよくわからないという方の為に、信用できる投資顧問を選ぶ為の基準などを紹介したいと思います。

投資顧問を選ぶ方法の2015年3月記事一覧

  • 投資顧問による老後に向けた投資育成

    近年日本では人口の減少により、将来にわたり社会保障や医療費などの圧迫に加えて税金収入の減少により、老後にもらえる年金の額も減少ないしは、もらえる時期もより遅れる傾向にあります。そこで、投資顧問が推奨するのは今から、投資の知識を身に付けるといった投資育成により、現在保有している資産を将来にわたり増やしていくことで、将来の年金や老後の不安を解消していく方法を提案していきます。 投資育成の最初のステップとしては、適切なアドバイザーである投資顧問を見つけることからはじめます。銀行や証券会社のファイナンシャルプランナーの資格を持った人のアドバイスを聞くことで、自分にあった考え方を持っておられるアドバイザーを選ぶことで今後の資産形成が変わってきます。 投資顧問を選ぶポイントは、セールストークをしているのか、もしくは相談者の現在の資産形成をくみ取り、必要とされる情報を的確に発信してくれて、なおかつ投資育成として、自ら考える機会を与えてくれる人をさがします。投資を始めるきかっけは老後の生活不安の解消になるわけですから、投資スタイルとしてはデイトレードといった短期投資によるキャピタルゲインを得ることを勧めてくる投資顧問よりも、長期の視点でのキャピタルゲインや配当収入といったインカムゲインを得られるスタイルで長期投資を勧めてくる人の方が老後という視点では適切なアドバイスとなります。 また、投資育成としては自ら学び考えていく力も必要となるため、投資顧問によるアドバイスを鵜呑みにするのではなく、アドバイスをもとに自分で判断し、自己責任により投資を行っていくスタイルを確立することでファイナンシャルリテラシーも身に付き、将来の老後の不安を解消するスキルも身に付いていきますので、今からしっかりと準備していく必要があります。